鍵のトラブルなら実績豊富な専門業者に依頼しよう

鍵

住まいを守りましょう

レディ

未然に防ぎましょう

人通りが少ない場所や夜間照明が足らずに暗い環境に住まいがある場合、空き巣などのトラブルに巻き込まれないように事前の準備が必要です。中でも一番守らなければならないのが玄関の鍵といえます。不正に鍵を開けるピッキングがしやすいものと、ピッキングがしにくいものではトラブル発生率は異なっていきます。鍵穴がドアノブに付いているタイプのものは特殊な工具で開きやすいもののため、鍵穴とドアノブが分かれているシリンダー錠に交換すると防犯対策を強化できます。シリンダー錠は鍵穴から工具を差し込んでも容易に動かすことのできない筒状のパーツが組み込まれています。今までとタイプの違う錠前を交換する時には特殊技術の必要なため、専門業者へよく相談しましょう。

身を守る習慣が大切です

鍵の防犯対策は屋外だけでなく、室内からも見直す必要があります。不正にドアを開けられた時に警告音が鳴るアラームを取り付けたり、のぞき穴を屋外から覗き込むのを防止するためにカバーを付けるのもトラブル回避の方法です。室内側のサムターンにも対策をしておきましょう。不審者は鍵穴だけでなくドアの隙間からサムターンを回す手法をとる場合があります。屋内の人にとって回しやすいサムターンは不審者にとってもターゲットとなりうる部分です。サムターンの周りに蓋をすることで、外部からの攻撃を防御しましょう。在宅中でも侵入されるケースもあるため、空気の入れ替えでドアを開けて置く際にも、わずかな隙間しか開かないドアガードをする習慣を付けるとトラブルを未然に防げます。

メンテナンスやトラブルに

男の人

玄関のドアはその家のイメージに大きな影響を与えます。ドアの開閉や鍵の状態が少しでも異変を感じたら、できるだけ早く専門の業者に見てもらうことが大切です。コンディションの悪い状態で使用を続けると、修理やかんたんな調整で元通りにできたものが、すべて交換する事になりかねないからです。

ドアノブを変えて防犯対策

家の模型と鍵

ドアノブ交換は、防犯対策の一環として行われます。開錠システムをより強化出来るドアノブも続々登場しており、防犯効果を高めるために設置されます。鍵の専門店では、ドアノブ交換を請け負う場合があります。防犯についても詳しいのが、こういった鍵の専門店です。

対応が難しい時のポイント

鍵束

鍵紛失の際に業者を利用すると開錠してもらうことができます。様々な鍵の種類に対応しているため、開錠までに時間を要しません。また、鍵紛失の問題を解消してくれる業者は基本的に土日や祝日も営業しているため、ピンチの場面で魅力的なサービスです。